全日本鍼灸学会学術大会

実行委員長挨拶


 平成29 年、 第 66 回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会は、 関東支部が担当し東京大学本郷キャンパスにおいて開催することになりました。
 本大会のテーマは 「世界に誇る日本鍼灸 〜『東京宣言』 確立のためのプログレス〜」 です。
 これは 2011 年第 60 回東京大会での東京宣言で提起された 「日本鍼灸」 を引き継ぐものです。
 第 60 回大会は東日本大震災の影響を受けて 1 日だけの変則的な開催を余儀なくされ、 議論を深めることができませんでした。 昨年は苦難を乗り越えて福島での学会開催が実現しました。 再び 「日本鍼灸」 というテーマに取り組む態勢が整ったと考えます。
 今回は新しい試みにも挑戦しています。
 まず会期を短くしました。 土曜日、 日曜日 2日間の開催とし時間的な負担を減らすことで、 より多くの先生方にご参会いただけるのではないかと思っております。
 また会場を大学キャンパスとしました。 知の探究の場である最高学府を会場とすることで、 学術大会の議論がより活発になることを期待しています。
 会場となります東京大学本郷キャンパスは、 ご存知のように赤門などの文化財や歴史上有名な安田講堂、 三四郎池を抱える観光スポットでもあります。 近くには学問の神様を祀る湯島天満宮や、 国立科学博物館、 国立西洋美術館などがあり、 好奇心を満たすには申し分のない地域であります。
 出席される先生方が充実した時間を過ごせるよう、 実行委員一同全精力をそそいで準備を致しております。
 皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。

                                       実行委員長 鳥谷部創治

第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会 東京大会

大会事務局 〒160-0008 東京都新宿区三栄町3番地

東京医療専門学校内